七五三詣

七五三は、もともと宮中、公家、武家で行われていた儀式がもとになっています。
七歳の「帯解き(おびとき)の儀」、五歳の「袴着(はかまぎ)の儀」、三歳の「髪置き(かみおき)の儀」がそれにあたり、子供の無事な発育を喜び、より一層の成長を祈願し神社に参拝する行事です。

七歳 - 帯解き(おびとき)の儀

「帯解き(おびとき)の儀」は、成長の大切な節目を祝う儀式です。
昔は七歳は神からも社会からも認められる重要な節目とされ、女子は、このときからひも付きの幼児の着物ではなく初めて大人と同じ帯を結ぶ(帯解き)ことが許されました。

五歳 - 袴着(はかまぎ)の儀

「袴着(はかまぎ)の儀」は、袴を初めて身に付ける(袴着)儀式です。
幼児から大人の第一歩を踏み出す大切な日であり、女性も袴をはいていた王朝時代は男女ともにこの儀式を行っていました。

三歳 - 髪置き(かみおき)の儀

男子も女子も頭髪を伸ばし始める(髪置き)ことを祝う儀式です。
昔は赤ちゃんのときに髪を剃っておくのが普通で、この日を境に髪を伸ばして髪型を整えました。赤ちゃん時代を過ぎて、無事幼児に成長できたことを感謝する節目です。

なぜ7歳までか?

古い言葉に「7歳までは神の内」というものがあります。
これは、成長環境や医療の未発達などから7歳くらいまでの子供の死亡率が高かったことを指しています。そこで、この難しい時期を無事に過ごせた、そのお祝いとして「七五三」の儀式が行われたようです。

現代ではそのようなことはほとんどありませんが、元気に明るく成長していることは、やはり神様にお守りいただいたおかげです。

七五三詣の年齢と性別

7歳・・・女の子
5歳・・・男の子
3歳・・・男の子・女の子
神社での年齢は基本的には数え年です。
お母さんのおなかの中にいる時から数えて、生まれた時が1歳という考え方です。しかし、現代では保育園や幼稚園などの学年を中心に動くことが多いようです。肝心なことは、神様に日々の生活を感謝しこれから先をお守りいただくことをお願いすることです。つまりは、しっかりとそのことを行うことが必要なのです。

必要なものは

特に必要なものはございませんが、祝いの日、ハレの日で古来より晴着を着るのが習慣ですので出来るだけ、それに近い服装が好ましいです。

授与品

お守り、幸福鈴、千歳飴、記念品、風船

祈祷料

お一人5,000円より

いつ行けばよいのか

七五三詣の期間中は、毎日受付いたしております。
受付時間は8:30〜16:00です。

記念写真の撮影承ります。詳細は受付の際、お尋ねください。

ご祈祷をお受けの方へ

祭典や結婚式などでお待ち頂く場合がございますので、事前にご確認ください。

(平成30年度 七五三)

[男女共]
三歳
[男の子]
五歳
[女の子]
七歳
平成28年(2016年)生 平成26年(2014年)生 平成24年(2012年)生